楽しい二人暮らしでもお部屋の探し方を間違えてしまうと大変なことになります!

今回の記事では快適な二人暮らしをするためのお部屋探しのポイントと注意点をお伝えします。

【快適な二人暮らし】お部屋探しをする際の注意点

まず初めに同棲するパートナーと希望条件の擦り合わせが肝心です。

では何を擦り合わせるのか??

二人暮らしに関わらずお部屋探しを始める際には

  • エリア
  • 家賃
  • 間取り(設備など)

の希望を決めなければなりません。

この3つの希望条件があなたとパートナーとであまりに異なっていると快適な二人暮らしが困難になるため擦り合わせが必要なのです。

 

【快適な二人暮らし】お部屋の探し方

二人の通勤・通学先を考えてエリアを決める

あなたとパートナーにとって通勤・通学は毎日の事ですからお互いに通いやすいエリアを選ぶ必要があります。

お互いに勤務地等が近いとエリアも選びやすいですが全く反対方向にあると中間エリアを探す必要があります。

ここで偏ったエリアにしてしまうとどちらかに負担が掛かってしまい楽しい暮らしが疲労困憊で楽しめなくなります。

このようにならないためにお互い現状より通勤時間や乗り換え回数が極端に増える事のないようにしましょう。

家賃の決め方

二人ともお仕事を続ける前提のお部屋探しでしたら家賃は二人の月収を足した30%以内というのが一般的な目安です。

このパーセンテージが高すぎるとお部屋を借りることができないこともあるので注意が必要です。

仮にお部屋を借りられても趣味や貯蓄、お出掛けにまわすお金が無くなるようではせっかくの二人暮らしがお金ばかり気にする生活になってしまいます。

間取り・設備などを決める

お互いの希望条件の擦り合わせが多く必要なのがこの項目です。

特にパートナーが異性の場合は男女で重視するポイントが異なりやすいため条件の擦り合わせが重要になってきます。

人気の間取りは1LDK、2LDK、2DK

ここで少し間取りの解説です。

LDK(リビングダイニングキッチン)

食事をしたり、テレビを観たり、くつろいだりできる空間です。
一般的にキッチン部分を含めて10帖以上の広さがあるとLDKとなります。
※広さに明確な定義はなく8帖あればLDKと表記されることもあります。

DK(ダイニングキッチン)

小さめのテーブルを置いたり、キッチン用品を置くことができる広さです。
DKの場合LDKのようにゆったりするほどの広さはありません。
一般的にキッチン部分を含めて4.5帖~8帖までの広さです。

次に間取りごとの一般的な広さ(面積)を解説します。
1LDk=35㎡~50㎡
2LDk=50㎡~65㎡
2DK=35~50㎡

当然ながら1LDKより2LDKは一部屋多いためその分面積が広くなり家賃も高くなります。

1LDKと2DKは同じような面積となり広さには違いはありません。しかし、家賃で見た場合2DKより1LDKの方が高くなりがちです。理由は築年数にあります。

間取り

私の記憶では1LDKは2000年以降に好まれるようになり、それ以前は2DKが主流でした。

最近では新築物件で2DKの間取りを見かけることは少なくなりました。このため築年数に差がでるので家賃にも差がでるのです。

2000年以前の1LDKもありますがそれはほとんどが2DKをリフォームして1LDKに間取り変更しているものです。

 

設備はお互いの強く希望する3つを重視する

希望の設備は異なりがちなので重視する設備をよく擦り合わせておく必要があります。

もちろん充実した設備は魅力的ですが、あれもこれも希望してしまうとその分家賃が高くなったり、希望するエリアから離れなければお部屋を選べないということなります。

お部屋の見た目や人気の設備にとらわれるのではなく、二人の生活スタイルに本当に必要と思う設備を擦り合わせることが大切です。

パートナーとの関係性で選ばれる間取りは異なる

夫婦や彼(彼女)との同棲の場合は二人で一緒にくつろげる1LDK・2LDKが人気です。

家賃をなるべく抑えたい方は2DKのダイニングと一部屋をつなげてリビングのように使用するとことで1LDKのような使用方法もあります。

ルームシェアや兄弟姉妹での二人暮らしは夫婦や彼(彼女)との同棲よりも生活リズムが異なりやすいためお互いのプライベートを確保しやすい2DK・2LDKがお勧めです。

駅までの許容できる距離を決める

駅に近ければ当然嬉しいのですが、駅に近ければ家賃は高くなります。
駅近が絶対重視でなければお互いに許容できる距離(時間)を擦り合わせましょう。

特に男性と女性では希望する駅までの許容時間が異なりやすいためお互いに許容できる時間を擦り合わせておく必要があります。

お部屋探し

後悔しがちなお部屋選び

家賃やエリアはお互いの収入や通勤などを考えるとある程度決まってきます。

しかし、間取りや設備は物件ごとに異なります。
間取り(広さ)は理想的でも設備が足りなかったり、設備が揃っていても間取りが希望と異なるということはよくあるのです。

お部屋探しをする際の大切な項目の1つに
「間取り(広さ)」と「設備」のバランスがあります。

このバランスのとれたお部屋を探すことが大切なのです。

具体例を3つ記述するので参考にしてください。

人気のカウンターキッチン

ここ数年カウンターキッチンは幅広い世代に人気です。
お洒落さもありますが、料理をしながら顔を合わせた会話ができたり、テレビを観られることが人気の理由です。

しかし生活スペースが狭くなるデメリットもあります。

最近では人気のためか狭いリビングやダイニングにも無理に設置されている物件を見かけることが増えてきました。従来の壁際に設置するキッチンに比べカウンターキッチンはスペースを多く使うため狭い空間には実用性が低下してしまいます。

二人の生活スタイルで間取りを考える

二人の起きる時間や寝る時間が同じであればそれほど気にすることではありませんが、パートナーとの生活リズムが昼夜逆、休日が別々といった場合はベッドを二つ配置できる寝室の広さを考えたり、部屋を別にできる間取りがお勧めです。

また、リビングと寝室が壁一枚や襖で仕切られていると就寝しているパートナーは生活音を気にしたり、起きている側は気を遣ったりとお互いにストレスを抱えやすくなります。

生活リズムが異なる場合は生活スペースと寝室が離れている間取を選ぶようにしましょう。

ウォークインクローゼットではなく収納できる量が大切

ウォークインクローゼットと聞くと収納量が多いと思いませんか?

実は普通のクローゼットと収納量は変わらないこともあります。

これは普通のクローゼットには人が入る隙間が無い分無駄がありませんがウォークインだと人が入る隙間には物を置けないのでスペースは広くても収納量は少ないということもあります。

どちらの収納にしても経験上1LDKの収納はいくら大きくても二人分を納めることはできませんでした。

洋服ダンスやカラーBOXを部屋に置かなければいけなくなることを想定して部屋部分にそういった家具を置けるスペースを確保できるか重視しておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

二人暮らしを始める前にお役に立てればと思い記事にしてみました。

これからパートナーとのお部屋探しを楽しんでください!