マンション(不動産)を売却する場合、多くの方は「不動産売却一括査定サイト」を利用されるかと思います。(以下、一括査定)

一括査定を利用することで、売却を予定しているマンション(不動産)の相場が分かります。
また店舗に足を運ばずとも、居ながらにして一度に複数の不動産会社から査定価格が提示されるため非常に便利です。

しかし、一括査定は「便利」である反面、少し面倒な点や注意したい点などがあります。

そこで、今回は一括査定の注意点と有効な使い方、そして売却を成功させるために重要なポイントについてご紹介していきます。

1. 高額査定に気を付ける

注意

 

 

 

 

不動産会社が媒介契約を取るために、非常に高額な、成約の見込めない査定額を提示したりすることがあります。

不動産会社は、一括査定を介して査定依頼が来る度に一括査定運営会社に一定のコストを支払う必要があります。
そのため、他社よりもよい条件を提示し自社で取引をしてもらうべく、実際には売れる可能性の低い高値を提示してくる場合があります。

仮に高値で売りに出したとしても地域の相場から外れていたり、人気エリアから外れていたり魅力的と言えない物件の場合、1 年以上も売れずに残っている…
というケースが少なくありません。

よって高い査定額が来たからと安易に飛びつかず「相場感」を持ち売却を進めるようにしたいものです。

2. 一括査定の段階では不動産会社の特性は不明

マンション(不動産一括査定は複数の不動産会社から一度に査定を受け取ることができるのがメリットです。

ただ、全ての不動産会社が一括査定に登録しているわけではないですし、全ての一括査定登録会社がどんなマンション(不動産)でも売却が得意では無いと言うことをまずはご承知おきください。

3. 一括査定はあくまで一括査定

あなたの不動産売却を成功に導く不動産会社がズラッと並んでいるわけではありませんが

  • 「売却する際の相場感を持つ」
  • 「あらゆる視点からのアドバイスを、複数の会社からもらう」

という点では非常に優れています。

あくまで、そのような意識を持ちマンション(不動産)の一括査定を利用されるのをオススメします。

4. 査定依頼先の数に注意

マンション(不動産一括査定サイトは通常3~6社の不動産会社に査定依頼情報が送られます。

あなたが複数の一括査定サイトを利用した場合、10社以上が一斉にあなたにアプローチしてくる場合もあります。

電話の対応などで時間をとられたり、不動産会社の特徴を見極める際に逆効果となりかねないので、査定依頼先を絞ったり、備考欄に「やり取りはメール限定でお願いします。」などの要望も記入しましょう。

5. 不動産会社を見極めるチェックポイント

マンション(不動産)のオーナーさんが、売却依頼先を一括査定から選ぶケースが多々あります。

チェック,項目

 

 

 

 

その際、どこに任せればいいか迷う方も大勢いらっしゃいます。
そんな時は、以下の項目をチェックしましょう。

  • マンション(不動産)売却実績が多数ある
  • 査定物件のエリアに関する情報を良く知っている
  • レスポンスが早い
  • メールや電話などの対応が気持ち良い
  • 他社よりもやたらと高い査定額を伝えてきてはいない
  • 提示する内容や査定額にしっかりした根拠があり、丁寧に説明してくれる
  • 媒介契約の締結を無理に早く進めようとしない
  • 不動産会社の店舗は清潔感がある
  • 担当者と相性が良い

気持ちよく取引ができる不動産会社を選び、大切な自宅の売却を成功させましょう。